宇都宮みんみん

宇都宮みんみんの歩み


■創業者
昭和18年、宇都宮みんみんの創業者鹿妻三子と子供たち(左)。
当時の鹿妻家は、北京のワンフーチン地区に住んでいた。
このときに現地の人からならった家庭料理の一つが、餃子だった。

■はじまり
宇都宮みんみんの前身だった「ハウザー」(右)。
写真は昭和30年頃のもの。『天津餃子』の貼紙が見える。
中国の家庭料理である餃子は、当時の中華料理店では出すところも少なく、あまり一般的ではなかったが、大陸からの引揚者を中心に知れ渡るようになっていった。

■伝統
昭和30年代中頃の鉄鍋(左)。この鍋で5〜6人前が焼けた。餃子を焼く熱を逃がさないよう、かなり厚めの鉄板を使っている。
鍋同様に重い蓋を一日に何度も開けて調理していたため、肩を痛めることも多かった。
宇都宮に存在する、最も古い餃子鍋と思われる。

■歴史
ラーメンが一杯30円のこの時代、餃子が一人前50円もした。
当時は餃子がまだ珍しかった頃。餃子の一般化とともに販売数が増えていったことが、当時の帳簿からわかる。

■はじまり
上は宇都宮みんみん開業当時のマッチ箱(右上)。デザインしたのは、三子の次男。
当時の店名はと書かれていた。という文字には、庶民の宝物といった意味がある
。 同じく下も次男の手によるマッチ箱(右下)。こちらは開店後数年たってからのもの。素材には和紙が使われており、その柔らかな風合いが好評だった。
当時は、この紙一枚一枚をマッチ箱に貼り付けていた。


宇都宮みんみんについて
宇都宮みんみんの歩み
餃子の街宇都宮って?
宮っ子は餃子好き
交通情報・宇都宮関連ホームページ

HOME

お問い合わせは発送係(0120-62-3030 通話料無料)までお気軽にお電話ください。

サイトマップ
個人情報保護
特定商取引法
サイトポリシー
Copyright(C) 2001-2011 Utsunomiya-Minmin. All rights reserved.